2009年04月09日

屋根のタイプ別改修

屋根と言っても日本家屋の瓦屋根から、工場で多く使われている折半屋根など様々な種類があり、

その中の瓦だけでも本葺瓦や和瓦、洋瓦、F型瓦などなどほんとうにたくさんあります。

屋根改修は雨漏りなどのトラブルをなおすことはもちろんのこと、防音や防湿、断熱効果をつけたりと、

様々な性能をもったものがあり、用途にあわせて改修することが可能です。

例えば、折板屋根の多くは亜鉛の鉄板を使用しているので約10年でサビがでてきてしまいます。

対策として屋根に防サビ剤をコーティングするなどの方法でサビの発生を抑えることができます。

もうひとつあげると波型スレート屋根は水ゴケがでやすいのと割れやすい屋根なので、

屋根に断熱材を一体にして囲い込み、メンテナンスフリーでまた断熱性能も高くなります。

こういったように現在の屋根形状にあわせた最適な方法を行うのが一番です。


posted by やねか at 21:13| Comment(0) | 屋根 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

Powered by Seesaa
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。